スポンサーサイト
[スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八岐大蛇【やまたのおろち】
[神話の時代]
orochipic.jpg    orochi-j.gif   
jinbutu.gif 
・須佐之男命(すさのおのみこと)
・奇稲田姫(くしなだひめ)
・足名椎(あしなづち)
・手名椎(てなづち)
・八岐大蛇(やまたのおろち)
story.gif 
orochi1.jpg 重なる悪行により高天原を追放されたスサノオは、出雲国・斐伊川の上流、鳥髪(とりかみ、現奥出雲町鳥上)に降り立ちました。
 
ふと川を見ると川上から箸が流れてきたので、
「川上に人がいるのだろうか。」
と思い、川を上ってみると、老夫婦(アシナヅチ・テナヅチ)と若い娘(クシナダヒメ)が嘆き悲しんでいるのでした。
何事かと尋ねると、
「自分たちには8人の姫がいたが、毎年八岐大蛇が現れて一人ずつ姫を取り喰らい、ついに最後の姫の番になってしまった。」
と、泣いているのでした。
スサノオは、クシナダヒメを妻とすることを条件に、ヤマタノオロチ退治を約束します。
アシナヅチ・テナヅチに強い酒(八塩折之酒)を用意させ、物陰に隠れて待っていると、程なくして、ヤマタノオロチがやって来ました。
その姿は、8つの谷・8つの峰に渡るほどに大きく、8つの頭と8本の尾を持ち、目はホオズキのように赤く、背中には苔や木が生え、腹は真っ赤な血が滴る、それはそれは恐ろしい怪物でした。
オロチは酒桶に首を突っ込んで酒を飲み、やがて酔い伏して寝ってしまいました。
それを見たスサノオはオロチに切りかかります。 
 orochi2.jpg

orochi3.jpg
 大格闘の末、見事オロチを退治した。
この時、切り裂いたオロチの尾から剣が出てきました。
スサノオは、
「これは不思議な剣だ」
と思い、『天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)』と名付け、姉のアマテラスに剣を献上しました。
この剣はの後に名を変え、天皇家三種の神器『草薙剣(くさなぎのつるぎ)』となります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。